シンプルなトークン交換を実現する、KyberSwapの特徴と今後の課題。

PCからKyberSwap Kyber Network

ビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨をトレードする際に欠かせないのがDEX(Decentralized Exchange)の存在です。

 

DEXを使えば、自分の資産を取引所に預けることなく資産の売買が可能になり、ユーザーはハッキングなどのセキュリティリスクを負う必要がありません。

 

そのようなサービスを提供しているプロジェクトは様々ですが、個人的には最もシンプルでユーザーフレンドリーなサービス構築を感じるのが Kyber Network(カイバーネットワーク)が提供している KyberSwap です。

 

KyberSwap | The Instant and Secure Way to Convert Your Tokens
KyberSwap allows anyone to convert tokens directly from their wallet in an instant, convenient and secure way. No order books, wrapping or deposits. Read more.....

 

暗号により個人でも最高レベルのセキュリティを実現できることが暗号通貨の大きな利点であるからこそ、その利点を活用したまま、価値のやり取りをスムーズに行える KyberSwap のようなサービスが広がることは業界の発展にとても重要だと思います。

 

その最先端を走っている KyberSwap の仕組みと課題を分かりやすく解説していきたいと思います。

KyberSwapは、分散型流動性ネットワークである Kyber Network が個人向けに提供しているサービスです。

 

KyberSwapの概要/コンセプト

エンドユーザーの立場から見ると、KyberSwap は取引所の一形態であり、本質はトークン同士の交換にあります。

イーサリアムやERC20トークンを誰に預けることもなく、安全に欲しいトークンを売買できるわけです。

 

Kyber Networkはイーサリアム上のプロトコルであるため、現在はビットコインなど他のブロックチェーンと取引はできません。

ビットコインは2018年度中にサポートされる予定です。

 

0x project や AirSwapなど、DEX系プロジェクトは数多くありますが、その中でもKyberSwapは以下の点が特徴として挙げられます。

  • 簡単なUI/UX
  • 高い流動性
  • 安価な手数料

以上の3点こそ KyberSwap が優れた点であり、また短所にもなりうるポイントです。

簡単なUI/UX

Kyber NetworkのWhite Paperでは、早い段階から「この取引所にオーダーブックはありません」と記載されています。

Kyber Networkには、よく見られる以下のような買い板や売り板はありません

Binance のオーダーブック

 

代わりに、以下のようにワンタップで売買ができるようになっています

 

TrustからKyberSwap

 

PCからのKyberSwap

 

スマホからでもPCからでも、オレンジの「Swap」ボタンを押すだけで売買可能です。

 

この設計の意図は、こちらのインタビューでCEOのLoi Luu氏が、

技術に明るくないユーザーでも、直感的にすぐに取引できるように

といった旨の発言をしています。

オーダーブックを用いた指値/逆指値や約定の手数料など、株式トレードなどに馴染みのないユーザーにとっては難しい要素を全て排除した、非常にシンプルに使えるサービス設計になっています。

 

詳しい使い方は、以下のブログをお読みください。

スマホでの使い方↓

最も簡単な DEX (分散型取引所)! Kyber Network ( KyberSwap )の使い方! | マキオネア
2018年6月のイベントでリブランディングによって生まれ変わることが発表され、今一番ホットな DEX である Kyber Network の KyberSwapの使い方をTrustを使って紹介しようと思います。なんと言っても Kyber Network の KyberSwap は簡単!使いやすい!日本で大人気だったコイ...

PCでの使い方↓

KyberNetworkが「KyberSwap(カイバースワップ)」をリリース
KyberNetworkがブランドをリニューアルしKyberSwapとしてリリースされました。 このプロジェク…

 

このように、「簡単な操作で、完全なセキュリティを実現したトレードを可能にする」ことがDEXであるKyber Networkの大きな強みです。

 

従来のDEXは強度のセキュリティと引き換えにトレード方法が複雑化し、ユーザーに余計なストレスを与え続けてきたため、KyberSwap が簡単なUI/UXを実現させたことに大きな意味がありました。

 

しかしオーダーブックを排除したため、「買いたい値段で買う」「売りたい値段で売る」といった指値注文は基本的にはできません

 

その場のレートでしか取引できませんし、買いたい価格があれば常に価格をチェックし、その時に売買しなければなりません。

 

このように、「自由なトレード」という高度な機能を捨て、「シンプルで使いやすい」という側面に特化していることが KyberSwap の特徴です。

 

KyberSwap は今後も指値注文をサポートする予定はありません。

しかし、提携したウォレットサイドで、Kyberでの指値注文をサポートできる可能性があります。

現在、彼らはウォレットプロバイダーと話し合いを進めています。

高い流動性

「高い流動性を確保すること」こそ、KyberSwap がオーダーブックを捨てたもう一つの理由です。

 

暗号通貨のトレードは、長らくBinanceやBittrex, bitFlyerなど、ユーザーが秘密鍵を管理せずに取引できる中央集権的な取引所にて行われおり、彼らは快適なトレード体験をユーザーに提供し続けています。

 

従って、「セキュリティリスクなしにトレードできる」という素晴らしいコンセプトを持ったDEXでさえ、ユーザーの巻き込みには苦戦しており「取引相手が十分におらず、なかなかトレードが成立しない」という流動性の問題に直面してきたわけです

 

その弱点を補強するため、KyberSwap はオーダーブックを捨て、リザーブと呼ばれる販売所システムを導入しています

リザーブとは、準備金のプールのことです。

Kyber Networkの仕組み

White Paperから抜粋した上記の図を見てください。

通常の取引所では、仲介者のプラットフォーム内で、ユーザーAとユーザーBが暗号通貨の交換をします。

 

しかしKyberSwap の図を見るに、ユーザーが交換している相手は暗号通貨プールであるリザーブです。図で「Reserve」と書かれたタンクには、暗号通貨/トークンが大量に蓄えられています。

 

このリザーブは、Kyber Networkとは直接関係のない、外部からのネットワーク参加者であることに注意が必要です。

TrustからKyberSwap

オレンジの「Swap」ボタン一つでトークンを購入可能ですが、その購入したトークンはリザーブプールから送られてくるわけです。

 

プールには十分な量のETHやERC20トークンが備えられているため、すぐに取引が約定することになります。オーダーブック型のDEXのように、取引相手が現れるのを待つ必要がありません。

彼らは流動性の問題を、リザーブというシステムで解決したということです。

 

 

一方、リザーブシステムを採用するのであれば、増加するユーザーのリクエストに答えるだけのトークン量を、常に備蓄しておく必要があります。

 

従って、Kyber Networkは「ユーザーの獲得」に加え、「リザーブの確保」という簡単ではないタスクを抱え続けなければなりません。いくらユーザーが増加してもリザーブが不足すれば、ネットワークを健全に運営することは不可能だからです。

 

後述しますが、Kyber Networkは流動性を確保するためリザーブを複数存在させており、常に新たなリザーブ参加者を募っています。

 

実際に、サービス開始初期はKyber Network自らがトークンを提供するリザーブが唯一の流動性ソースでしたし、2018年4月現在もまだ一社が加わったのみで、合計2つのリザーブに留まっています。

 

リザーブの補強の必要性は、今後Kyber Networkが広くユーザーを獲得するにあたっての、ある種の制約となるだろうと私は考えています。

 

そのため、大量の資金のあるファンドだけでなく、分散型ファンドを通して個人でもリザーブに参加できるシステムも計画されています。

安価な手数料

通常のオーダーブック形式の取引所であれば、約定の際に取引高に応じた手数料がかかります。

しかし、KyberSwap には手数料がありません。代わりに、合理的なスプレッドを設定することで収益を得ています

PCからKyberSwap

つまり、一番下の記載のような「1ETH=478.000KNC」のレートに、既にKyber Network側の収益が含まれています。

あとは、Kyber Networkにトークンを送信する際のガス手数料のみを負担することになります。(画面右下に記載されています。)

 

このスプレッドは、リザーブが自主的に決定することができます。図を再掲します。

Kyber Networkの仕組み

右端の「Reserve/リザーブ」は単なる資金プールのことですが、このリザーブには管理者(リザーブマネージャー)が存在します。

リザーブマネージャーはKyber Network内に自らの大量の備蓄トークンを設置し、スプレッドを設定しユーザーとトレードすることにより、遊休資産を増加させることが可能です。

 

つまり、Kyber Networkの取引レートは、リザーブマネージャーが「自らの収益を最大化できる」と考えたスプレッドにより成立しているのです。

 

レートは複数の外部取引所のレートを基本としており、著しく広いスプレッドを設定することはできません。

 

一見するとユーザーにとって不利に見える仕組みですが、Kyber Networkは「リザーブ間の競争」というスマートな解決策により、フェアなレートを設定しようとしています。

 

前述の通り、流動性を高めるためにも、複数のリザーブにKyber Networkへ参加してもらわなければなりません。

リザーブマネージャーも複数存在することになった結果、当然各リザーブでユーザーへ提示するスプレッド/レートも異なります。

 

そこで、Kyber Networkは各リザーブからのレートを取得した上で、最もユーザーに有利なレートを提示したリザーブに取引させるのです。

他リザーブよりもユーザーに有利なレートを提示しなければ、取引することさえできず、リザーブは利益を生み出すことができないシステムです。

 

ユーザーからすれば、DEXのセキュリティを享受した上で、

  • シンプル
  • 安価

なトレードが可能ですし、リザーブマネージャーからすれば、この利点からKyber Networkのユーザーと取引高が増加すれば利益も積み重なってきます。

 

ここでの懸念点は、リザーブはこのスプレッドで得た収益の数%を、Kyber Networkへ手数料として支払う必要があるということです。

つまり、スプレッドには「見込みたい利益」に加えてKyber Networkへの手数料も考慮に入れて決定しなければなりません。

 

こういった構造から、Kyber Networkには、

 

  • リザーブ間のスプレッド競争
  • Kyber Networkへの手数料

 

といった、リザーブを薄利にする2つのプレッシャーを補って余りある、ユーザーと取引高の増加(=リザーブの収益確保)が常に求められることとなります。

これが達成できなければリザーブがネットワークへ参加するインセンティブが喪失し、高い流動性を確保することが不可能となってしまいます。

 

イーサリアム上のプロジェクトでありながら、彼らが盛んにBitcoinとのクロスチェーン取引の議論に駆り立てられているのは、「ユーザー数と取引高の増加」の重要性をよく認識しているからです。

 

Kyber Networkは、どのようにBitcoinをEthereumに持ち込むのか?【Bringing Bitcoin to Ethereum】
最もシンプルなイーサリアム上のDEXとして注目を集めている Kyber Netowrk CEOのLoi Luu氏が、2018年4月6日にMedium上に "Bringing Bitcoin to Ethereum" というブログを投稿しまし...

 

今後も「リザーブ間の競争により縮小していくスプレッドでもなお、有意な利益が見込める程のユーザー数と取引高の増加がカギになってゆくだろうと思われます。

 

Kyber Networkの課題と将来

以上が、エンドユーザーの視点から捉えたKyberSwapの概要です。

 

これまで述べたように、彼らが取り組むべき仕事は大きく分けて、

 

  • ユーザーの獲得
  • リザーブの獲得

 

の2種類です。

ユーザーの獲得

このユーザーにも、細かく分けて2種類が存在します。

 

  1. DEXとしてのエンドユーザー
  2. Kyberの流動性を利用するDapps

 

です。

 

1のエンドユーザーに関してはウォレットとの提携も進み裾野は広がっていますし、今回も主に1のエンドユーザーからの視点で KyberSwap について述べました。

 

しかし実際は、彼らにとって最も重要なのは2のDappsとの提携です。

 

Kyber Networkの成長を見届けたい場合、個人が使う取引所(DEX)というより、むしろDAppsとの動向に注目するほうが正確に進捗が把握できそうです。

リザーブの獲得

Dappsとの提携が進んでも、リザーブに十分な備蓄がなければ流動性を提供することができません。

Dappsなどの提供と同程度、リザーブをKyber Networkに惹きつけることが重要です。

 

現在Kyber Network内に存在するのは、

 

  • Kyber Network自身が設置したリザーブ
  • DEXに流動性を提供しているPryctoが設置したリザーブ

 

の2つのみです。

運営によると、近々3つ目のリザーブが加わる予定のようです。

 

KyberSwapはDEXとして日本人に受け入れられるか

実は日本のコインチェックも、KyberSwap と同じリザーブ方式を採用し、様々な通貨を販売していました。

 

コインチェックでは、ワンタップでアルトコインを購入することができました。

 

ハッキング事件以前のコインチェックは、1年間で約1000億円の営業利益と、世界的に見ても驚異的な業績を残していたことが分かっています。

 

コインチェック、460億円補償完了 危うさ抱える高収益
「補償は全て顧客のアカウントに反映済み」。コインチェックの大塚雄介取締役は、外部流出した仮想通貨NEM(ネム)に対する顧客への返金を完了したことを6日の会見で明らかにした。580億円の流出額に対し、

 

利益構造からすると、1000億円のほぼ全てが、コインチェックが設定したスプレッドにより稼ぎ出した利益です。

 

売買の往復で10%近く取られてもおかしくない、極端にユーザーに不利なスプレッドで有名でしたが、それでも日本人ユーザーは使いやすさを求めるあまり、高いスプレッドを気にすること無く売買を繰り返した経緯があります。

 

このコインチェックの成功から推測するに、DEXが広がる今後の日本でも、

 

  • 簡単なUI/UX
  • ユーザーに優しいスプレッド

 

の2つを満たすことで差別化されたKyberSwap こそ、日本人ユーザーの第一の選択肢に入るだろうと考えています。

コメント